<< 宇宙イメージでこころをクールダウン☆ | main | 涼やかオクラの花♪ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - |
    ☆祈りの力☆
    0
            20130813_5002.jpg
           
                ご近所さんでも盆踊り大会の準備もバッチリ

         元来盆踊りは、お盆に戻ってきた御霊を慰め供養する為に催されていたとのことですが

             現代では「踊りを楽しむ夏の風物詩的お祭り」って感じでしょうか

      ちなみにお盆という言葉は、昔は「盂蘭盆会」ウラボンエと呼ばれいて「ご先祖様が苦しまずに成仏してくれるように祈る」ことを表していたとかこの時期みなさまのご先祖様はそれぞれのお家にご機嫌サンでご帰還でいらっしゃいますでしょうか



          ご先祖様の御霊の平安を祈るのがお盆の行事なら

      きようは現世に生きる私たちへの祈りの効果について、みなさまと分かち合わせていただきたいと思います


      アメリカのランドルフ・バードというお医者さんが行った実験で大変に興味深い結果が報告されてます


      サンフランシスコ総合病院でランドルフ博士たちが「祈り」に関する実験を10カ月間行い393人の冠状動脈系の患者を無作為に192人と201人のグループに分け


         
         両グループに今の医学で出来うる最高の治療を施して

      192人のグループの患者さんに対してクリスチャンの人たちの中から募集をして


         ひとりにつき、5人〜7人に対して祈ってもらいました。


      その際、患者さんのファーストネームと病状だけが知らされ祈りかたは自由に任されたそうです。

      患者さんにも、医師や看護士さんにも、誰が祈られているのかは全く知らされていませんでしたが


               
      その結果は驚くべきものに


      なんと、祈ってもらったグループの人たちは,祈られないグループより抗生物質の投与が5分の1に


           肺気腫になった人は3分の1に

           うっ血性心不全になる確率が60パーセントも低く

      心臓停止の確率が高い気管内挿管をした人が、祈られないグループでは12人

        
      祈られたグループでは何とゼロという有意差が出だそうです




         アレクシス・カレル博士(ノーベル生理学医学賞受賞者)は


      祈りというのは現実的な力であり、私たち人間の生み出しうる最も強力なパワーである医師として、多くの患者があらゆる治療で失敗した後、祈りの力で、病気やうつ状態から立ち直っていくのを目撃している
      と言っています。


              ちなみに祈る人が病院の近くにいても

           あるいは遠くにいても効果は変わらないそうです。



      また、具体的な結果を求めて祈っても、ただ漠然と「御心のままに」といった祈りかたも効果はありますが

      中には漠然と祈ったほうが効果が大きかったという報告もあるそうです



      「祈り」は、また祈る人自身をも血圧降下や心臓病ほか、あらゆる病気に直接的、間接的に効果があることが科学的にも証明されたそうですよ


      このように「祈りの力」には、人を癒やし、元気にしてくれる現実的な素晴らしい力を秘めているということになりそうですね


      まさに人間の意識の力は、他のどんな力やどんな科学的法則よりも優位に働くという観点からも、素晴らしいミラクルは起こるのでしょうね〜

         

         ですから論理的、科学的には起き得ない奇跡であろうとも


          私たち人間が心に強く想い、祈ることは必ず起こせるし

                 まさに思った通りになる

          そして、祈ったその通りになるということなのでしょうね




      西欧諸国でも、いま祈りの科学的研究が大変に盛んだそうで、1200以上の研究事例もあるということです。


      そしてアメリカ人の約80パーセントの以上の人々が祈りによる効果を信じていて


         アメリカでは医師の50パーセントが患者さんの為に祈り



      43パーセントの人たちが医療現場でお祈りをしているとの報告もあるそうです


         ですから祈りとは決して宗教的行事だけのことではなく


        古き佳き時代、私たちは日常生活の中で自然に祈っていました

                20130813_5004.jpg


      静かに、目を閉じて手を合わせるとスッ〜と心が鎮まります


         自分の意識が宇宙の静謐さのなかに、ひとときワープ


          

         私たち人間さんの魂の本質は愛の波動であり、光であり



               神様もまた大いなる愛の光の根源



           私たちが祈るとき神様の愛の波動が地上に届きます



      「祈り」によって同じ周波数である高次元の神様(波動)と波長を合わせて


      私たちの魂も高次元の愛の波動の源へと帰っていくのではないでしょうか‥


          

         
       神様の御心もまた、私たち人類の平和と調和を願い



      わが愛しの人類たちの魂が大宇宙と調和し響きあえますように…」と
                         願っているのかもしれませんね



           
                
          世界人類が平和でありますように


                      地球上の生きとし生けるものが


                   ご機嫌サンと喜びの内にありますように

       
              私たち人類の魂が大宇宙の大調和と響き合えますように

          

               20130813_5001.jpg   
      きょうもjujuのナガナガダラダラの長文駄文最後までお付き合いくださいまして本当にありがとうごさいます あなたの内にあるミクロコスモスにきょうもごワクワク機嫌サンと大調和がありますように
      カテゴリ:イメージの力☆ | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 08:28 | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://hisaju2525.jugem.jp/trackback/604
        トラックバック