<< 不老長寿のカギは活性酸素の抑制から! | main | ありがとうパワーでトラワレ心をリリース〜♪ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - |
    野菜のパワーで活性酸素サンさようなら〜♪(^-^)/~~
    0
            
      きょうもこちら北九州地方もドンヨリの週スタート インターネットでお天気の衛星画像をチェックすると、西日本全体にうっすらとベールがかかったような雨雲が鎮座マシマシテますこんな日は明るい照明の光に気分がホッと和らぎますね


      きょうでシツコク三回目になりますが 私たちの「寿命の回数券」とも云えるテロメアについてのシリーズ最終回ってことで

      本日は「お元気サンで長寿」の大敵である活性酸素を消すための、お助け最強パワーともいえる野菜の効用について50歳からは炭水化物をやめなさいより抜粋させて頂き、シリーズのクロージングとさせていただきますね

          以下書籍よりの一部抜粋です。


      活性酸素は食によって発生すれば、食によって消すことも出来ます。

      食事は寿命の回数券の使い方を決める、最も重要な要素だと考えて下さい。

      活性酸素を発生させる食事とは食品添加物を含む食品を採ることです。また食べ過ぎも身体が悲鳴をあげで活性酸素を出させます。

      「今日くらい、食べ過ぎてもよいだろう」と、自分の消化機能を超えるほどの食事をすれば、一日でテロメアをグッと減らすことになります。

      一方、テロメアの短縮をゆるやかにさせる食とはどんなものでしょうか?

      ひとつは、50才を過ぎたら糖質(炭水化物)の摂取を極力控えることです。

      糖質制限食は、体内から発生する活性酸素の量を減らすことが出来ます。

      もう一つ重要なのは、活性酸素の働きを抑えるような抗酸化力のある食品を食べることです

        抗酸化力のある食事とは、すべて植物性の食品です

          植物は、炭酸ガスを吸収して酸素を排出してます。

      酸素は活性酸素に変質し易く、植物にとっても危険な物質なので植物は自分自身の身を守るために「フィトケミカル」と呼ばれる抗酸化物質を大量に持つようになりました。

      「フィト」とはギリシャ語で植物、「ケミカル」は化学物質の意味です。フィトケミカルには活性酸素を無害化する働きがあります。

      それはどんな物質かといえば、ネギやニンニクをはじめとする植物の持つ独特の色素、香り、苦味の成分です。

      こうした植物性成分が強力な抗酸化力を持っています。

      そうしたものを毎日の食卓に進んで並べることで、活性酸素の害は大幅に消し去ることができるのです

      それでは、フィトケミカルとはどのような物質でしょうか?

      ひとつは、ニンジンやブドウのような色のついた野菜や果物に含まれる色素や、アクの成分であるポリフェノールです。これらは葉や花、茎、樹皮などに豊富に含まれてます。


      また緑黄色野菜や海藻に含まれている色素成分のカロチノイド、ネギ類、ニンニクなどの香り成分は、大根、からし菜などの辛味成分であるイオウ化合物、ハーブ類や柑橘類の香りや苦味のテルペン類、キノコ類や微生物に含まれるβグルカンなどです。

      ただ、食事は一日三回毎日のことですし、フィトケミカルの名称と含有する野菜を覚えて食事を選ぶのは大変でしょう。

          そこでフィトケミカルの豊富な植物性食品の見分け方をお伝えしましょう。

       色が濃いく、香り、辛味、苦味の強い野菜、海藻類とキノコ類等です

      植物がフィトケミカルを持つのは、活性酸素に自らが傷つけられることを防ぐことに加えて外敵から身を守るためでもあります。

      植物は動けませから、虫や動物から逃げることはできません。

      植物の持つ刺激的な香りや辛味、苦味は外敵から身を守る防衛機能でもあります。

      よって、色素、香り、辛味、苦味のより強いものを好んで野菜を食べるようにしていれば、フィトケミカルは豊富にとれるのです。

      またフィトケミカルは皮や茎の部分に豊富に含まれてますから野菜はできるだけ丸ごと料理に使うことをお勧めしますが

      残留農薬が心配なこともあるでしょうからその場合はタワシなどでしっかり水洗いしてから調理しましょう。

      元東京都消費者センター試験研究室長の増尾清氏の著書「家庭でできる食品添加物と農薬を落とす方法」(PHP研究所)によれば

      昔から行われている「水にさらす、冷水に放つ、酸水に浸ける、ゆでこぼす、アクをとる」‥などの下ごしらえをきちんとすると、食材から有害物質を減らすことができるとのことです


          

      以上、活性酸素を消してくれる野菜パワーの効用についてを御本より長々と抜粋させて頂きましたが

          まさに活性酸素は食によって制すってことで

      香り、苦味、辛味の強い七色のお野菜サンのパワーを毎日の食生活に積極的に採り入れることで

         病まない ボケない 老いない

      イキイキお元気サンな健康長寿のライフスタイルをまっとうしたいものですね〜

      三回のシリーズでお伝えさせて頂いたおかげでjujuもお野菜さんがますます大好きになっちゃいましたよ〜

        大地の恵みに感謝しつつ日々健やかライフを紡ぎ出して参りたいものですね

      今回の三回にわたるシリーズが、みなさまの健やかライフバージョンアップへのささやかなヒントとなれば望外の嬉しさです

               きょうもjujuのブログへご訪問いただき心よりの感謝です
      カテゴリ:からだ元気 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 06:58 | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://hisaju2525.jugem.jp/trackback/528
        トラックバック