スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - |
    樹木さんパワーでリフレッシュ&パワーアップ♪
    0

      桜我が家の樹齢20年を超えて大きく育った桜さんきらきら
      ほぼ五分咲きでとっても愛らしくほころんでますよさくら



      読者の皆様お久しぶりでございます晴れ

      キラキラずいぶんと長らく開店休業モードのjujuのブログでごさいましたが

      皆様いかがお過ごしでらしたでしょうか拍手


      四葉のクローバーそれにしてもお見事なまでに☆更新ゼロ継続のjujuのブログでごさいましたがゆう★♪

      ご奇特な読者様にコンスタントにご訪問を頂いておりすこと…
      キラほし
      心よりの感謝を申し上げますクローバー



      ここ数日、こちら北九州地方も余寒厳しい日々ですがき


      クリスマス我が家の樹齢約20年になる桜の巨木さんも淡いピンクに彩られ始めましたよ〜ハート




      さて、皆様のお家のまわりには大きな公園や神社はありますでしょうか?

      あるいは大きな樹木や観葉植物はありますでしょうか?

      皆様も既にご存知かと思いますが、樹木さんからは常に私たちを元気にしてくれる善い気のエネルギーが出てるそうで
      キラほし

      Docomo1森林浴で呼吸が楽になったり、気持ちがスッキリ&リフレッシュするのも、双葉樹木さんから出てる気のエネルギーのお陰ということでハート

      有り難いことに樹木さんが出してくれてるエネルギーは
      キラほし基本的には使い放題無料提供なので私たちの健康増進の為にも上手に使わせて頂きたいものですねハート




      萌ところでjujuがまだう〜んと
      onpu03う〜んと若かりし頃に汗中国の気功法の一種で「樹林気功」というアウトドアでやる気功法を教えて頂きまして、そのやり方なのですがポイント


      グッドもし皆様のお家の近くに大きな公園や神社があれば、お散歩がてらブラリと立ち寄ってみて、まずは何となく気になる樹木さんがあれば、そっと触れてみてくださいねキラ星キラ星



      静かに樹の下にたたずみ樹木さんに両手を当てて、目を閉じてゆっくりゆっくりと数回ほど深呼吸なさってみてね〜音符

      たったそれだけのことですが、樹木さんの温かなエネルギーがジワジワ感じられて来てハート

      たちまちの内に呼吸がスッーと楽になって
      キラほし樹木さんにふんわりと守らてる安心感と嬉しさがやってきて…パワフルな樹木さんのエネルギーをいっぱいチャージして頂けることバッチリ請け合いですよ手

      クリスマス特に葉っぱが大きな広葉樹系は大きく広がるエネルギーと、優しく包み込むような安心感をjujuは感じますが、皆様もそれぞれの樹木さんの発するエネルギーの違いを感じ分けてみるの楽しくて、超オススメですよ〜♪


      お近くに大きな公園や神社がない場合は、ご自宅にちょっと大きめな観葉植物を置いて、その葉っぱを触れながら同じようにゆっくりゆっくりと呼吸をするだけでも同様の効果が得られるそうですので、読者の皆様もぜひトライしてみてはいかがでしょうか感謝



      クリスマス樹木さんも私たち人間さんと同様に、生命溢れる☆かけがえのない存在ハート


      樹木さんのパワーをわけて頂いたら、最後にちゃんと感謝の心で「ありがとうごさいます」とお伝えすることも忘れずにいたいですよねピース

      さくら皆様もこの春は樹木さんの溢れる気のパワーで、イキイキパワーアップなさって下さいませね〜☆





      ハート今日は久々のブログ再開&更新でごさましたが、叉こうして読者の皆様と分かち合いのひとときをシェアさせて頂き本当に嬉しい気持ちでいっぱいです感謝

      これからもまた、ボチボチ&ゆっくりゆっくりとマイペースで、日々の気づきや発見を綴って参りたいと思いますので、また気が向きましたらjujuのブログにお遊びにいらして下さいませね拍手★

      きらきら
      今日も読者の皆様にとりまして、大自然の生命エネルギーがいっぱいいっぱい注がれる♪イキイキお元気サンな1日でありますように花









       
      カテゴリ:からだ元気 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      涼やかオクラの花♪
      0
                    130807_1311~002.jpg


         連日の猛暑でバテバテヘタリ気味なjujuでございますが
                       みなさまのお元気度はイカガかしらん


                   ご近所さんの畑に、こんな可愛いオクラの花が


        お首をのばして、つば広のしろい帽子を、ひらりとかぶったキュートなお顔


               赤い芯のあるオクラさんは、日の丸オクラ


             昼下がりの熱風にふかれても、すずしげに笑って


        「いい風よね〜」なあんて、さやさやとツブヤイてるオクラさんは元気でいいね



        夏の元気野菜オクラはアフリカ東北部の原産で、幕末から明治の初期に伝わったとされてます。


        このシーズンが旬のオクラは最近の健康志向に乗って年々生産も伸びてるとか


        オクラを切るとヌメリがありますが、この主な成分は食物繊維のペクチンと多糖類の一つムチンです。



        ムチンはタンパク質の吸収を助けますので、オクラを生ですりおろすか、さっとゆがいて納豆といっしょに食べると効果も絶大 整腸作用もあって夏バテで弱った胃腸にもベリーグッド


        他にも、タンパク質質やカルシウム、鉄分、ビタミンC、B気砲睇戮鵑任襪修Δ


        これらのバランスのとれたオクラの栄養成分は血圧降下作用やコレステロール除去、糖尿病の予防効果と多岐に渡り


             夏バテ予防の健康野菜としてはトップクラス



        まだまだウダル暑さの日々ですが オクラをはじめ、旬の夏野菜をいっぱいいっぱいいただいて


          きょうもキラキラお元気サンで厳しい残暑を乗り切ってね

            20130811_2900.jpg
         
           
        カテゴリ:からだ元気 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        甘いものはお好き?
        0
                    20130724_1473587.jpg
           真夏のホットひと息アフタヌーンティータイムつめたく冷えたババロアは極上の舌触り



          夏まっさかり猛暑続きの日々ですがみなさまの体調のほうはいかがでしょうか

          三日続いての、からだ元気シリーズですが、きょうもお付き合いいただきありがとうございます


                   疲れるとヤタラ甘いものが欲しくなる

                    雨の日はカラダがだるい、食事の後ダルくなる

                    舌の真ん中あたりに白いコケがついてる

                    便の回数が多い、軟便になりやすい

                    どちらかというとクヨクヨ思い悩みやすい…



          みなさまの中で甘いもの大好きサンのあなたが、こんな不調をかかえているようでしたら

          ひょっとしたらお砂糖類、果物、冷たい水(ミネラルウォーターなど)の摂り過ぎを疑ってみたほうがいいかもです



          特に甘いものは心の不安を美味しいスイーツで紛らわしてる場合もあるので

          どんな時にやたらスイーツを食べたくなるのかを、ちょっと心のチェックをして見るのもいいかもしれませんね



          ちなみにお砂糖の原料のサトウキビは日本なら沖縄、外国ならキューバあたりが原産地。

               ということは、サトウキビはスペシャルに暑い土地で育つわけだから

               東洋医学の陰陽論の観点ではサトウキビは陰の中でも極陰にあたるわけで

           

          特に真っ白に精製されたお砂糖はビタミンもミネラルもないに等しく

          そんなコワいシロモノを過食すれば色んなお病気を招くのはトーゼントーゼン


                      陰陽論では、陰は広がる性質上

          極陰のお砂糖はカラダの細胞を思いっきりゆるめて恐怖のズン胴や三段腹へと

                       きゃぁ〜〜〜

                     わかっちゃいるけど


          イケナイいけないと思いながら食べるケーキやチョコレートのナント、ナント魅惑的で美味しいことよ


          ケーキやチョコレート以外にも果物、コーヒー、タバコにアルコールetc.カラダさんによくないものには

                                 ナゼカ習慣性のあるものばかりですよね


          好きなスイーツを食べずに長生きしたってそれが何なのさ!って開き直るためには


          甘いものが好きな分だけ、日頃カラダさんにいい生活をして、日常の他の部分で養生をすればいいわけですよね

              20130728_1477547.jpg

          いずれにしても、特に私たち女性は、不安や淋しさ、怒りetc.のネガティブな感情の分だけ

          心の癒やしを求めて、ついつい甘いものに走りがちなのかもしれませんね


          ひょっとしたら実はそのへんが甘いもの過食の一番難しい点なのかも


          だって、そもそも生きるってこと事態が、時には不安であり、また淋しさや、むなしさや怒りなどのネガティブな感情とつねに向き合うことでもあるわけで

             

                
          職場では険悪な上司やアタマノ悪い同僚さんにうんざりし

                旦那さんはろくに家庭をカエリミズ

                子供は自分勝手放題で


          自分はこんなに頑張ってるのに、こんなにコンナニみんなのことを考えているのに誰もワタシの気持ちをわかってくれない



          人生ってマジ限りなくむなしくって、ウザクって、腹立たしくって、もういやァ〜〜〜ァ

              ナドト 
          雄たけびしたいあなたのお気持ち

                わかります ワカリマスわよ〜ん


          でもでも甘いスイーツや果物はカラダさんを冷し、女性の体調をこわしやすいという正しい情報と認識を私たちの大脳にちゃんとインプットして


              頑張り過ぎずにソコソコにスィーツも愉しんで

           そこそこ食養生してお元気さんでこの夏もおすごしあれね
          カテゴリ:からだ元気 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          夏の赤いおやつ♪スイカで暑気払い!
          0
                  20130724_1473584.jpg
                 スーパーの店頭には立派なスイカさんが鎮座マシマシテ真夏の風物詩No.1
                  この夏、みなさまはもうよ〜く冷えた美味しいスイカを召し上がりましたかしら?


            昔の日本のスイカには現在のような黒いシマシマ模様はなかったそうで

                       江戸の町ではスイカ売りもいたそうですよ

                  アイスクリームや冷たいジュースがなかった時代の夏の赤いおやつ

                    甘いしずくを指につたわせて、ガブリっと真夏の愉しみですね


                     スイカのルーツはアフリカ中部の砂漠原産

              中国では、この瓜は西域を経由してきたことから「西瓜」と呼ばれるようになったとか

              日本には14世紀に隠元禅師によって中国から種が持ち込まれといわれてます。



            スイカの約90%は水分ですが、残りの10%には果糖、ブドウ糖のほかシトリンなど数種類のアミノ酸、リコピン色素成分、リン、鉄などのミネラルや少量のビタミンC、Bなどが含まれています


            また赤いスイカのほうが黄色のスイカよりリコピンがなんと、80倍近く含まれるそうで抗酸化やアンチエイジングのためなら赤いスイカがベターみたいですね

                 20130724_1473582.jpg

                    まさに夏の大自然の恵みのスイカさん

                サクッと切ったら中から大きく笑ったような赤い果実      

                美味しく食べて爽やか暑気払いいたしましょうね
            カテゴリ:からだ元気 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            ほんとはコワイ電子レンジさん?!
            0
                           20130722_1471279.jpg            
              爽やかな夏の顔ひまわりサン花言葉は「あこがれ 光輝く 熱愛 愛慕なんだか大好きな人に首ったけな想いがストレートに伝わってくるケナゲなひまわりサンね〜キク科の花で別名を日輪草とも‥


                 毎日こう暑いと食欲も減退気味で、お料理をするのもしんど〜〜って感じですよね

                       ついつい便利でお手軽な電子レンジさんでチ〜ンにハシリガチ!?


                 
                お料理にはとっても便利で重宝なな電子レンジさんですが

                   ホントはコワ〜い裏のお顔があったりで‥

                        
              電子レンジはマイクロ波と呼ばれる周波数の高い電磁波を使用した加熱器なのをご存知でしょうか

              マイクロ波によって食材に含まれる水の分子と荷電分子が一秒間になんと24億5000万回というスゴいスピードで動かされて

                   分子同士で激しい摩擦がおきることにより温度が上がるそうです


                   このためチ〜ンとお手軽に出来上がった食材は

                   分子がものすごい損傷を受けていて、急激なエネルギーが与えられている為に

                  
               極めて酸化しやすい食べ物に変質してしまうそうです


              つまり私たちの老化のもっとコワい敵である活性酸素を体内に多量に発生させてしまうモトにもなっちゃうってことよね


                         130723_1329~001.jpg

              また、見た目はあまり変わらなくても、電子レンジにかけることで食品のアミノ酸の型がL型からD型に変化してしまうことも指摘されていて

              つまり、私たちのカラダさんを構成するタンパク質は、すべて「L型アミノ酸」でされてますが

              最近の研究では、老人の目の水晶体、脳、動脈、皮膚などのタンパク質中に「D型のアミノ酸」が存在することが明らかになってきたそうで

              タンパク質に中に「D型アミノ酸」が増加することでカラダの秩序が乱れて機能低下を招いてしまい

              その結果
              、コワいことに白内障、アルツハイマー、動脈硬化などを発症させる一因にもなると考えられているそうです


              暑さでお料理がシンドイ季節には、とっても便利でお手軽な電子レンジさんなのですが

              お元気さんでアンチエイジンクのためには、電子レンジの使用はできるだけ避けたほうが無難かもしれませんね


              食材を温めなおすのは小型の蒸し器や、フライパンを超弱火にして食材をホイルなどで包んでい温めたりと‥いろいろ工夫もできます
               

                          130723_1327~001.jpg
                            まだまだ暑さもこれからが本番

              ひと手間の安全安心の調理法で皆さまも、イキイキお元気さんなサマータイムをお過ごし下さいませね
              カテゴリ:からだ元気 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              爽やかお目覚めでスッキリスタート♪
              0
                           20130720_1468726.jpg
                  鮮やかな夏色ピンクのサルスベリさんキラキラ太陽パワーとコラボしてお元気サンサン


                              寝苦しい熱帯夜続きですが

                        みなさまは朝スッキリお目覚めでしょうか

                         ちょっぴり気温も下がって気持ちいい早朝は

                       サラサラの肌布団との決別はコトサラ辛いですよね


                          jujuも毎朝、後ろ髪を引かれながらの

                          グダグダとオフトンから出るタイプですが


                           最近、このセリフをつぶやくことで

                          オフトンとの決別がわりと上手くできるようになったのよ〜

                              そのヒミツのおまじないとはね


                           たとえ睡眠不足気味の朝であってもトリアエズは

                  
                「アア〜きょうもよく寝たよく寝たわヨッシャ起きようっと〜

                                  みたいな感じで呟いてみて


                          オフトンの上でまずは大きく伸びをしちゃいます

                            手足を伸ばして思い切り伸びをすると

                 なんだか身体中のエネルギーがイキイキと巡り始めるような不思議な感覚


                   トニカク「まだまだ、もっと寝ていたいよ〜ん」って時も

                まずは「よく寝たよく寝た」と自分に暗示をかけてしまうのがスッキリと目覚めるコツなのよね

                        20130720_1468686.jpg

                           これでもまだまだグダグダ頭ならば

                        そんな時のスッキリお目覚めレスキューアイテムとして


                 
                ペパーミントやバジル、ライムなどの爽やかアロマエッセンシャルオイルをブレンドした

                              オリジナルスプレーを作って、枕元に置いといて

                                      
                          起き抜けのボンヤリお顔に


                      
                     シュッシュッシュッ〜と爽やかスプレーね


                 
                ヒンヤリとした刺激がタチマチ頭を活性化してバッチリお目覚め太鼓判

                          暑さのために不眠気味の朝も

                                   1日の快適スタートをするために

                自分なりの、いろんなお目覚めレスキューノウハウを持っておくと便利よね

                 読者のみなさまも、この夏は爽やかお目覚めで夏バテ知らずな日々をお過ごしあれね

                       
                カテゴリ:からだ元気 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                マジメで「いい人」は短命人生?!
                0
                            130717_1140~001.jpg
                  ご近所さんの柿の木には、もう直径が3僂曚匹硫聴Δ蕕靴ぜ造ついて‥夏真っ只中ですが次の季節の準備が着々と〜



                  みなさまは脳天気で楽観的なほう?、それとも真面目で悲観的なタイプでしょうか?


                        どちらが元気で長生きするタイプだと思いますか?

                        もちろん脳天気で楽観的なタイプに軍配は上がるとはず


                          パーソナリティが楽観的か悲観的かは

                  その人の健康状態とおおいに関係してる
                  という興味深い研究調査があります



                  イギリスの研究者が、ユーゴスラビアの15000人の人を対象に40才から50才ぐらいの世帯主について、パーソナリティと寿命との関連性を調査した結果によると

                  それぞれの世帯主はひとり、ひとりが人生にある目的を持って生活をしてるわけですが


                  その目的が上手くいかなかった時に、
                  全部を自分のせいにし内側にこもってしまうようなタイプの人が一番早死にするという結果に

                          しかもその8割くらいの人が何と癌で亡くなったそうです



                  それに対して、上手くいかなかったことを人のせいにしてしまえる人は長生き組だったそうです


                  あるいは、人のせいにしなくても、AでダメならBにすればイイと上手く切り替えができるタイプは長生きができていたそうです



                             つまり、人生で何か上手くいかなかった時に

                  自分の責任だと思ってしまう真面目タイプの人は悲観的になって内側にこもってしまい

                  ついつい自分を責め裁くことになることで免疫力を低下させることになって早死しやすい傾向があるそうです


                  それに対してナンデモ、人のせいにしたり、さっさと切り替えができる楽観的で「いい加減」な人のほうがガセン長生きをしてたという調査結果だったそうです


                           


                      性格と癌の発症との関係性についての研究もいろいろありますが

                     ドイツの心理学者のハンス アイゼンク博士が行った研究によると


                  癌になりやすいパーソナリティは、周囲との調和をつねに優先して、自分の感情を抑圧しがちで

                  たとえ悲しみや不安を感じでも表情に出すことが少なく、自分のなかに抱え込んでしまい精神的なダメージが多くなり、免疫力が下がるで癌の発症率も上がることに



                   また脳卒中も、楽観的な人のほうが発症リスクが低下するという調査もあるそうです



                  ミシガン大学による50才以上の6044人を対象にしたテストでは、1〜16点で自己評価させる楽観的度テストを行い、2006〜2008年の二年間フォローした結果


                  楽観的度が一度上がると脳卒中の発症リスクが10%近く低下する結果となったそうです


                  何かあると「いい人」ほど自分を責めて考えすぎたり、そのことにウジウジととらわれがちで、こうした
                  否定的パターンに入り込むと癌や脳卒中になりやすいという研究結果となりました。



                   逆にいつも脳天気モードの人は失敗しても自分を責めることはあまりなく

                       「仕方がない運が悪かったんだ」「あいつが悪かったんだ」などと

                       運や自分以外の人に責任転嫁しがちで

                  もともと脳天気ナノで、そんな失敗をすぐに忘れて、別のことに目を向け始める



                  このような研究結果から導かれる癌や脳卒中にならずに「元気で長生き」の秘訣は


                  あまり、周囲のことや自分のことにアレコレ気を遣わずに
                  自分の要求や願望を大切にして


                  感情的にも、自分の気持ちをある程度は素直にのびのびと表現したほうが

                     健康や長寿のためにもガセンいいってことになりそうですね


                              いつも自分の気持ちや感情を大切にしてあげて

                  多少、人からは身勝手でマイペースな人と思われても構わないわよ〜


                  と居直れるぐらいが人生をお元気サンで生きていくにはちょうど「いい加減」なのかもですね

                                きょうからjujuもマスマス

                  日々ご機嫌サンでマイペース自己チュー人間を目指してサラなる精進いたしますわよ〜ん

                            足並み揃えてみなさまも

                  「いい人返上」
                  プロジェクトXjujuとお付き合いのホドいかがでございましょうか


                       130717_1139~001.jpg
                  きょうもjujuのお部屋を覗いていただき本当にありがとう〜暑さにマケズ爽やかマイペースでお元気さんな1日をね〜
                  カテゴリ:からだ元気 | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  野菜のパワーで活性酸素サンさようなら〜♪(^-^)/~~
                  0
                          
                    きょうもこちら北九州地方もドンヨリの週スタート インターネットでお天気の衛星画像をチェックすると、西日本全体にうっすらとベールがかかったような雨雲が鎮座マシマシテますこんな日は明るい照明の光に気分がホッと和らぎますね


                    きょうでシツコク三回目になりますが 私たちの「寿命の回数券」とも云えるテロメアについてのシリーズ最終回ってことで

                    本日は「お元気サンで長寿」の大敵である活性酸素を消すための、お助け最強パワーともいえる野菜の効用について50歳からは炭水化物をやめなさいより抜粋させて頂き、シリーズのクロージングとさせていただきますね

                        以下書籍よりの一部抜粋です。


                    活性酸素は食によって発生すれば、食によって消すことも出来ます。

                    食事は寿命の回数券の使い方を決める、最も重要な要素だと考えて下さい。

                    活性酸素を発生させる食事とは食品添加物を含む食品を採ることです。また食べ過ぎも身体が悲鳴をあげで活性酸素を出させます。

                    「今日くらい、食べ過ぎてもよいだろう」と、自分の消化機能を超えるほどの食事をすれば、一日でテロメアをグッと減らすことになります。

                    一方、テロメアの短縮をゆるやかにさせる食とはどんなものでしょうか?

                    ひとつは、50才を過ぎたら糖質(炭水化物)の摂取を極力控えることです。

                    糖質制限食は、体内から発生する活性酸素の量を減らすことが出来ます。

                    もう一つ重要なのは、活性酸素の働きを抑えるような抗酸化力のある食品を食べることです

                      抗酸化力のある食事とは、すべて植物性の食品です

                        植物は、炭酸ガスを吸収して酸素を排出してます。

                    酸素は活性酸素に変質し易く、植物にとっても危険な物質なので植物は自分自身の身を守るために「フィトケミカル」と呼ばれる抗酸化物質を大量に持つようになりました。

                    「フィト」とはギリシャ語で植物、「ケミカル」は化学物質の意味です。フィトケミカルには活性酸素を無害化する働きがあります。

                    それはどんな物質かといえば、ネギやニンニクをはじめとする植物の持つ独特の色素、香り、苦味の成分です。

                    こうした植物性成分が強力な抗酸化力を持っています。

                    そうしたものを毎日の食卓に進んで並べることで、活性酸素の害は大幅に消し去ることができるのです

                    それでは、フィトケミカルとはどのような物質でしょうか?

                    ひとつは、ニンジンやブドウのような色のついた野菜や果物に含まれる色素や、アクの成分であるポリフェノールです。これらは葉や花、茎、樹皮などに豊富に含まれてます。


                    また緑黄色野菜や海藻に含まれている色素成分のカロチノイド、ネギ類、ニンニクなどの香り成分は、大根、からし菜などの辛味成分であるイオウ化合物、ハーブ類や柑橘類の香りや苦味のテルペン類、キノコ類や微生物に含まれるβグルカンなどです。

                    ただ、食事は一日三回毎日のことですし、フィトケミカルの名称と含有する野菜を覚えて食事を選ぶのは大変でしょう。

                        そこでフィトケミカルの豊富な植物性食品の見分け方をお伝えしましょう。

                     色が濃いく、香り、辛味、苦味の強い野菜、海藻類とキノコ類等です

                    植物がフィトケミカルを持つのは、活性酸素に自らが傷つけられることを防ぐことに加えて外敵から身を守るためでもあります。

                    植物は動けませから、虫や動物から逃げることはできません。

                    植物の持つ刺激的な香りや辛味、苦味は外敵から身を守る防衛機能でもあります。

                    よって、色素、香り、辛味、苦味のより強いものを好んで野菜を食べるようにしていれば、フィトケミカルは豊富にとれるのです。

                    またフィトケミカルは皮や茎の部分に豊富に含まれてますから野菜はできるだけ丸ごと料理に使うことをお勧めしますが

                    残留農薬が心配なこともあるでしょうからその場合はタワシなどでしっかり水洗いしてから調理しましょう。

                    元東京都消費者センター試験研究室長の増尾清氏の著書「家庭でできる食品添加物と農薬を落とす方法」(PHP研究所)によれば

                    昔から行われている「水にさらす、冷水に放つ、酸水に浸ける、ゆでこぼす、アクをとる」‥などの下ごしらえをきちんとすると、食材から有害物質を減らすことができるとのことです


                        

                    以上、活性酸素を消してくれる野菜パワーの効用についてを御本より長々と抜粋させて頂きましたが

                        まさに活性酸素は食によって制すってことで

                    香り、苦味、辛味の強い七色のお野菜サンのパワーを毎日の食生活に積極的に採り入れることで

                       病まない ボケない 老いない

                    イキイキお元気サンな健康長寿のライフスタイルをまっとうしたいものですね〜

                    三回のシリーズでお伝えさせて頂いたおかげでjujuもお野菜さんがますます大好きになっちゃいましたよ〜

                      大地の恵みに感謝しつつ日々健やかライフを紡ぎ出して参りたいものですね

                    今回の三回にわたるシリーズが、みなさまの健やかライフバージョンアップへのささやかなヒントとなれば望外の嬉しさです

                             きょうもjujuのブログへご訪問いただき心よりの感謝です
                    カテゴリ:からだ元気 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    不老長寿のカギは活性酸素の抑制から!
                    0
                               
                      きのうは一年の中で昼間が最も長い夏至でしたが、台風5号の影響で北九州地方も強風吹き荒れての一日でした 暦では夏にあたりますが実際はドンヨリ梅雨シーズンの真っ最中 色鮮やかに咲き誇ろぶ紫陽花さんもそろそろ容色オトロエ始めの候かな…(まるで昨今のjujuのよう)


                      先日はテロメアについてのご紹介でしたが、御覧になった方々から、かなりの反響をいただき

                         お調子者のjujuなんできょうはその第二弾ってことで

                      寿命を伸ばすヒントとガイダンス満載の、東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎さん著50歳からは炭水化物をやめなさいから再び以下、一部を抜粋をさせていただきました


                              不老長寿」のカギは活性酸素を減らすこと

                      テロメア短縮のスピードを確実に速めてしまうものがあります。それは活性酸素です。

                      テロメアを形成しているのはDNAとタンパク質です。そのテロメアのDNAを分解し、壊してしまうのが活性酸素です。

                      細胞が活性酸素を大量に浴びると、そのたびにテロメアは破壊され、長さが短くなっていきます。

                      体内の活性酸素を減らすことは寿命を短くすることに直結するのです。
                      たとえばガン、心臓病、脳卒中、糖尿病の四大疾病を患うと多くの場合寿命は縮まります。

                      すべての病気は、体内の活性酸素の量を増やします。もともと活性酸素は体内の異物を排除しようとする免疫反応のひとつです。

                      病気と化した細胞を排除するために免疫機能は活性酸素を発生させます。

                      ところが活性酸素はテロメアの短縮を進めて寿命を縮めてしまうのです。

                      しかも病気になった部位は死滅した細胞を補う為、細胞分裂を早めます。

                      これによってもテロメアの短縮はさらに増加します。特定の臓器のテロメアが極限まで短縮されれば、その臓器の寿命は尽きます。これが個体の死を招くのです。

                      つまりテロメアの短縮と、体内の活性酸素の増加、病気による死は同時期に起こってくるものなのです。

                      これをプラスに考えれば体内で活性酸素をできるだけ発生させないように努め、病気ならなければテロメアの短縮は緩やかになります。


                      この3つのトライアングルをプラス方向に回転させるためにポイントとなるのは活性酸素の大量発生を抑えること!これにつきます。

                         一度減ってしまったテロメアは二度と伸ばすことができません。

                         繰り返しますが、テロメアの大敵は自分の遺伝子を壊してしまう活性酸素です!

                        生活の中から体内の活性酸素を減らす工夫をしていくことこそ

                              不老長寿の扉を開くのです

                         

                      以上、書籍より一部を抜粋させていただきました。ちなみにテロメアの研究は1930年代から始まり、2009年にはテロメアの三人の研究者がノーベル医学生理学賞を受賞しているそうです。

                      テロメアについては科学の世界では世界最高峰の賞を受けていながら、まだ一般の世界ではほとんど認知されていないそうですが

                      最先端の生理学であるテロメアについて、多少なりとも理解することで私たちの寿命をまっとうする方法が鮮明に見えてきそうですね


                           活性酸素発生の抑制と、できるだけ病気をしないような生活習慣やライフスタイルは

                        イコールご機嫌サンでピンピンコロリと大往生へのパスポート〜

                      人生まだまだコレカラこれから〜 きょうもみなさまがお元気さんで、ご機嫌さんな佳き一日でありますように
                      カテゴリ:からだ元気 | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      「テロメア」が寿命を決める!?
                      0
                                  
                        ここのところジメジメとした梅雨日和の毎日ですが、みなさまの体調&ハート調のほうはお元気サンでいらっしゃいますでしょうか

                        ところで、先日購入した「老いない ボケない 病まない 50才から始める 炭水化物ぬきレシピ」‥とヤタラ長いタイトルの新刊にちょっと興味深い記事が

                        人間の寿命の決め手となるテロメア!?についての記述を、本日は一部抜粋させていただきますね


                            テロメアが人間の寿命を決めている

                           
                        人の寿命はどのように決まると思いますか?遺伝子?それとも運命?

                                答えはズバリ「テロメア」です。

                        聞き慣れない名前かも知れませんが、これは細胞核内にある染色体の末端についている構造体で「寿命の回数券」と呼ばれるものです。

                        すべての人が一万塩基のテロメアを持って生まれ

                        これが5000塩基にまで短縮した時、寿命が尽きることが科学的に証明されてます。

                        そして、もし一年間、病気もせずに過ごした場合、テロメアの減少数は50塩基に抑えられます。

                           単純に計算すれば

                           誰もが等しく100才まで生きられる寿命を持って生まれてくるのです。

                        つまりテロメアを傷つけず少しでも減少を抑えることが直接「長命」へとつながるのです。

                             ではテロメアを消耗する原因とは何でしょう?

                        第一に挙げられるのが活性酸素です。活性酸素そのものがテロメアを縮小し、活性酸素が引き起こす病気もまたテロメアの消耗を早めます。

                          テロメアを長持ちさせるには活性酸素を発生させない生活習慣が必要となります。


                            …と、以上、書籍からの一部抜粋ですが

                        今回テロメアの存在を始めて知った健康オタクなjujuにとっては、かなりの朗報 

                        書籍のタイトルのうたい文句「老いない ボケない 病まない」ライフスタイル目指して気合いもアラタにエイエイオ〜です

                        書籍の中でテロメアを減少させないポイントをいくつか紹介してましたが

                        その中でみなさまも簡単にトライできそうなものをきょうは、書籍から一部アップさせていただきますね


                        その1
                        よく噛んで食べる。 基本は1回1秒×30回=1口30秒間噛むこと。噛むことで唾液に含まれる酵素の抗酸化作用が食材に含まれる活性酸素を減少させます。また食材を噛み潰せば栄養を効率的に摂取できるという利点も

                        その2
                        腹八分目こそが健康長寿の秘訣 食べ過ぎ、飲みすぎはテロメアを短くします。寿命を左右するテロメアを短くする要素のひとつに暴飲暴食が挙げられます。人体の消化能力を超える食べ方は、テロメアを消耗するだけ。食事はいつも「腹八分目」を心がけましょう

                        …と幾つかテロメアを消耗させないポイントをご紹介させていただきましたが、もっと寿命アップのノウハウを詳しくお知りになりたい方は、もっかベストセラーにもなっているワニブックス刊、藤田紘一郎さん著 
                        「50才からは炭水化物をやめなさい」をぜひご覧下さいませね

                            私たちの「寿命回数券」ともいえるテロメアさん活性でこれからも

                               「老いない ボケない 病まない
                              
                               キラキラアンチエイジングライフを目指しましょっ
                             
                             
                        本日もひと時お付き合いいただき本当にありがとうございますみなさまにとってきょうもイキイキお元気さんテロメアな一日でありますように〜
                        カテゴリ:からだ元気 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                        | 1/3PAGES | >>